アーツ&クラフツビレッジ 工房日記

岡山のアーツ&クラフツビレッジから カントリーサイドのくらしをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20121110 あまつちひと『自然農のつどい』

冬立って 山の向こうも 金色原 

どもども。
a&cルーラルスクール担当、鈴木です。

いよいよ、あまつちひとの稲刈りです。豊作です。
草を刈り、水の増減に気を配り。想いがたっぷりつまったお米を、一気に刈り取って行きます。


と、その前に田んぼの様子を。

■田んぼ
田んぼ
立派に分けつしています。これが無肥料(自然)の力だい!

■お米
お米
ぷりぷりに太ってますねえ。

■畔豆(黒豆)
畔豆(黒豆)

■畔豆(緑豆)
畔豆(緑大豆)


うろうろしていると人が集まって来ました。
今回は新たな参加者がたくさん。東京・神奈川などから、岡山へ移住する方はどんどん増えているようです。

■学びの会スタート
学びの会スタート

■稲刈り1
稲刈り1
根本から一気に刈り取り、左・右・中と三方向に振り分けます。一束の太さは手のひら一つかみより、少し多いくらいでしょうか。
結束用のわら4~5本位を上におきます。

■稲刈り2
稲刈り2
わらで結束します。

■稲刈り3
稲刈り3
結束完了!

■はぜ掛け
はぜ掛け
二人一組になって、かけていきます。わら束を二束と一束に振り分けながら、交互にバランスよくかけます。かけたらぎゅっと押して、詰めていきます。

■稲木の追加
稲木の追加
稲木が足りなくなったので追加。風の抵抗を考え、ハの字が交互になる様に立てます。

■稲木の追加2
稲木の追加2

■稲木の支え・結束
稲木の支え・結束

■はぜ掛け終了
はぜ掛け終了

■掛かっている稲束の様子
掛かっている稲束の様子
真ん中に大きな束が来て、左右にバランスよく振り分けられてますよね。


お昼を挟んで、午後から畑の実習。

■人参の間引き(前)
人参の間引き1

■人参の間引き(後)
人参の間引き2
今回が最終間引き。株間10センチくらいで。

■スナップエンドウの種蒔き1
スナップエンドウの種蒔き1
草をどけて。

■スナップエンドウの種蒔き2
スナップエンドウの種蒔き2
表土を少し削って平らに。

■スナップエンドウの種蒔き3
スナップエンドウの種蒔き3
ごろごろしている土はもみほぐす。

■スナップエンドウの種蒔き4
スナップエンドウの種蒔き4
種蒔き。

■玉葱苗の植え付け1
玉葱苗の植え付け1
条間20センチくらい、株間15センチくらい。

■玉葱苗の植え付け2
玉葱苗の植え付け2
草をどけて。

■玉葱苗の植え付け3
玉葱苗の植え付け3
植付けます。根から2~3センチくらい。浅過ぎず深過ぎず。


その他、研修畑の様子などなど。
健やかに育ってますね。

■キャベツ
DSCN1176.jpg

■白菜
白菜

■大根
大根

■青菜類
青菜類



さて、今回でとりあえず私、鈴木の研修が終了いたしました。
おかげさまで大した怪我もなく、望んでいた事を経験できたように思います。

畑も田んぼも、思い通りになる事は何一つなく、それが自然農の尽きる事の無い楽しさに繋がっているのでした。

自然は言葉を介さないで話しかけてくるわけですが、その意思の様な何かを、ヒトの理屈で解釈される前段の、瞬間にキャッチ出来ればどんなに素敵だろう。と思う様になりました。

それは街で、人の中で暮らしていても同じかもしれない。とも思う様になりました。
それでは。また。


2012 稲刈り

稲架組み 皆颯爽と 鎌を繰る

どもども。
a&cルーラルスクール担当、鈴木です。

稲刈りです。
ワンシーズンかけた集大成!と意気込んでみたものの。AM中で終了。
面積が少ないので、あたりまえなのですが、何となく…。

■上の田
上の田

■稲木の準備
はぜの準備


■稲刈り1
稲刈り1
ひもを置いて。

■稲刈り2
稲刈り2
一つかみ程を、斜めに置く。

■稲刈り3
稲刈り4
さらに反対斜めに置く。

■稲刈り4
稲刈り5
縛る。

■稲刈り5
稲刈り6
稲木に対して平行に。後の作業がスムーズにいくように並べていきます。

■稲木立て1
稲木立て1
ここで去年もお世話になった、近所の方が登場!

■稲木立て2
稲木立て2
みるみる稲木を立てていきます。

■稲木立て3
稲木立て3
ビニールひもなどは使わずに、とってきた葛の蔓で結んでいます。カッコいい!

■下の田
下の田
こちらも刈りおわりました。

■はぜ掛け
はぜ掛け
あとはじゃんじゃん掛けるだけ!

■稲刈り終了
稲刈り終了


若干のあっさり感がありましたが、とりあえず収穫までこぎつけ、ほっと一息。

落ち穂を拾っているうちに、水が入らなかったり、もぐらに掘られたりな色々を思い出し、じんわりした想いが来たのでした。

西の畑レポート

季は行きて はじめての空 鰯雲

どもども。
a&cルーラルスクール担当、鈴木です。

すっかり秋ですね。ナスやシシトウが豊かに実りはじめています。

■エンダイブとアスパラガス
エンダイブとアスパラガス

■キャベツ
キャベツ

■ナス
ナス

■パプリカ
パプリカ

■シシトウ
シシトウ

■ピーマン
ピーマン

■ほうれん草
ほうれん草

■収穫
収穫


※記事の公開日と、実際の日付にはズレがあります。ご了承ください。


金ゴマの収穫&追熟

カラカラと 莢鳴る胡麻と 虫の声

どもども。
a&cルーラルスクール担当、鈴木です。

金ゴマです。栽培自体はさほど難しい事も無かったのですが、調整が結構いろいろなのですね。
株に青味が残っていても、下の方の莢が開いて来たら収穫。二週間ほど日にあて、追熟させるそうです。

■ゴマの追熟
ゴマの追熟


※記事の公開日と、実際の日付にはズレがあります。ご了承ください。


ゴボウの間引き

時をかけ 菜を間引きたる 子規忌かな

どもども。
a&cルーラルスクール担当、鈴木です。

ゴボウ。と聞くと、なんとなく栽培がややこしいような気がしていました。
実際、すらり直線の美を備えたゴボウは、難しいかも。

a&c自然農畑では、個性あふれるくねくね美、香りの素晴らしいゴボウが育っています。


■ゴボウの葉
ゴボウの葉

■間引きゴボウ
間引きゴボウ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。