FC2ブログ

アーツ&クラフツビレッジ 工房日記

岡山のアーツ&クラフツビレッジから カントリーサイドのくらしをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度a&c田植え

一塊の いのちとなって 田を植うる

どもども。
a&cルーラルスクール担当、鈴木です。

さあ、ルーラル的メインイベント「田植え」です。
メインでありながら最地味。ひたすら淡々とした作業のはじまりです。


■集合
さあさあAM10:00。皆さん休日返上で、しっかり集合して頂きました。多謝!
集合


そして一行は苗代へ移動。
まずは苗を取りに行きましょー。


■苗代の様子
苗代の様子

■苗代の草取り
苗を取る前に、苗代まわりの草をとりましょう。
苗代の草取り


と、ここで大北さん(→あまつちひと『自然農のつどい』実践農場主)登場!
前日の→キャンドルナイト参加後ご宿泊。そのまま先生をやって頂いちゃいました。

■苗の取り方1
苗の取り方1

■苗の取り方2
苗の取り方2

■苗の取り方3
土を3~4cmつけておきます。
苗の取り方3


さあ、それでは皆でやってみましょう。
スクールっぽいですね♪

■苗取り実践1
苗取り実践1

■苗取り実践2
苗取り実践2

■苗取り実践3
苗と共に土をとってしまうので、土を補って水平に戻し、草をかけておきます。
苗取り実践3

■苗取り実践4
苗取り完了!
苗取り実践4


そして一行は、西の田へと移動。
徐々に気温が上がってきましたよ~。


■苗を水につける
a&c苗代が少し乾燥しており、苗の土がポロっていたので湿り気を。苗が取りやすくなります。
苗を水につける

■田植え指導
ここでも大北さんに、ご指導いただきました。自立できなくてサーセン。
大北さんが教えてくれました

■田植え1:条間40cmで作付縄を張る
田植え1:条間40cmで作付縄を張る

■田植え2:株間25cmで植付け
田植え2:株間25cmの印位置で植付け

■田植え3:植付け箇所の草をどける
田植え3:植付け箇所の草をどける

■田植え4:苗と土が水平になるように植付ける
田植え4:苗と土が水平になるように植付ける

■田植え5:一列になって開始!
田植え5:一列になって開始!


「あひゃあ!」突然の声。
何じゃ何じゃと近寄ってみれば…。

■巨大みみず
でかぃぃーー!

でかぃぃ~!まじ男性の人差し指サイズぅぅ~!
みみず君ありがとう!!(?)

ここにコッコチャン居たら惨劇やな…。あらぬ妄想を繰り広げつつ。
気を取り直し。


さて、ここでちょこっと実験。草刈りの程度を、以下3つのレベルで行いました。
1.草をしっかり刈って田植え
2.背の高い草だけ刈って田植え
3.草は踏み倒すだけにして田植え

■草実験1:皆で草刈り
草実験1:皆で草刈り

■草実験2:左端から1・2・3の順
草実験2:ツートンです

■草実験3:草刈りした箇所
草実験3:草刈りした箇所

■草実験4:草刈りしていない箇所
草実験4:草刈りしていない箇所

どうなるか、今後じっくり観察していきましょう。
ここまでで、午前中は終了。待ってましたの昼食です。


■昼食1
ランチはa&c中庭で。日向は暑いですが、日陰はちょうど気持ちの良い気候。
昼食1

■昼食2
昼食2


間髪いれず田へGO!まったり気味AM、巻き返しPMスタート。
颯爽と、終わりかけていた上の田をやっつけます。

■上の田終わり!
上の田終わり!


そして下の田へ。このあたりで暑さのピーク。汗だらだら。
満腹も手伝い、「ここが今日の天王山じゃい」というムード。


■下の田1:田植え前
下の田1:田植え前

■下の田2:田植え後
下の田2:田植え後


お、おわったーーぃ!!
PM4:30、5時間超。お疲れさんしたあ。


■中庭でお茶タイム
タイムだけに…。(わかる人には、わかるネタ)
わんこも一服


いろいろな人が参加しているから、話題も多様で楽しい。
大仕事をチームで成し遂げるのって、素直なカタルシスですよね。
余力が尽き、余計な感情もそぎ落とさ、体育会後って感じ。


昨晩の名残

キャンドルナイトの名残と共に、2012年度田植えは終了したのでした。
あらためて、お疲れさまでした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyomi.blog58.fc2.com/tb.php/90-81a3d206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。