FC2ブログ

アーツ&クラフツビレッジ 工房日記

岡山のアーツ&クラフツビレッジから カントリーサイドのくらしをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンドルナイトと螢

今日は夏至の夜、『真夏の夜の夢』の1年で一番夜が短い日です。今日が100万人のキャンドルナイトの日ですが、私達は先週末に『ほたるとキャンドルナイト』と銘打って、カフェを夜間営業。100万人のキャンドルナイト事務局のウエッブサイトを見て遠くから探して来てくださった方たちや、友人たちと楽しい夜を過ごしました。(スタッフは夕食のサーブであわだたしかったので、来年はビュッフェメニューで会費制にしようっと。)
螢の名所は多いけど、うちもなかなかの穴場だと思いますよ。目の前の川に飛んでるし、帰る途中も街灯のないところで車のライトを消せば、一瞬にして幽玄の世界にひたれます。キャンドルナイトが終わると、いよいよこれから夏本番です。


キャンドルナイトに参加してくれたガビさんからキャンドルについての以下のストーリーが届いたので御紹介します。

・・・キャンドルが燃えている限り、直すことができる・・・という靴屋の言葉

A Teaching Story
The great rabbinic sage Rabbi Israel Salanter (1810 - 1883) was once spending the night at a shoemaker's home. Late at night, Salanter saw the man still working by the light of a flickering, almost extinguished candle. Rabbi Salanter went over to the man: "Look how late it is; your candle is about to go out. Why are you still working?" The shoemaker, undeterred by the rabbi's words, replied, "As long as the candle is burning, it is still possible to mend."
For weeks afterward, Rabbi Salanter was heard repeating the shoemaker's words: "As long as the candle is burning, it is still possible to mend."
As long as there is life ? as long as the candle is burning ? we can mend. We can reconcile with those from whom we've become estranged, help make peace within our families, give charity, aid a friend in financial straits to establish himself or herself in business, and work on learning to express our anger fairly.

Joseph Telushkin in The Book of Jewish Values


candlenight06.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toyomi.blog58.fc2.com/tb.php/14-cb36e035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。