アーツ&クラフツビレッジ 工房日記

岡山のアーツ&クラフツビレッジから カントリーサイドのくらしをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンでの展示会

Japanese-Conections-exhibition.gif

10月10日から13日まで、ロンドン北部のアレキサンドラパレスで
ヨーロッパ最大の手芸の展示会、ニッティング&ステッチショーが開催されました。

毛糸や布、その他様々な手芸のお店がブースを出していますが、
中央部にはいくつかの展示会が開催されています。
その中のひとつ『Japanese Connections』という展示会に、アーツ&クラフツビレッジからも
原田豊美の作品が招待出品されました。

この展示会は アーツ&クラフツビレッジにも何度か滞在したことのあるイギリス、コーンウォールの
藍染め作家、ヴィヴィアン・プリドーが企画をまかされたものです。
イギリス、コーンウォール、デボンから6名、日本は名古屋、大阪、岡山から6名、計12名の
染織作家の作品が集まりました。

べんがら染めの小渕さんの作品が、タイトルを飾り、行き交うたくさんの人の足をとめました。
ヴィヴィアンは今回は藍染めではなく、カラフルな絞り染めの作品を出品。
1800£もつけた作品が3点とも初日に売れました。
日本からは奈義の築山さんの藍染めタピストリーや勝山から参加の加納容子さんののれんなども売れ、
わたしの藍染めホームスパンのショールもカナダからのお客様が買ってくださいました。

広くて迷子になるほどの会場には、すてきなお店が並び、様々な出会いもありました。
また、ワークショップのコーナーも充実していて、毎日たくさんのワークショップがあります。
私もべんがら染めのワークショップを2回させていただきました。

ショーは、ダブリン(アイルランド)、ハローゲート(ヨークシャー)へと巡回します。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。