アーツ&クラフツビレッジ 工房日記

岡山のアーツ&クラフツビレッジから カントリーサイドのくらしをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜染め

sakurasome.jpg

東京からたまご皿の注文がたくさん入り、家具工房では年明けから桜の木をずっと削っている。たまごの形を出すには少しづつ少しづつ、木を削るので、桜のダストがたくさんでる。これまで草木染めでは桜の木の皮や枝を使っていたけど、今回このダストを使ってみた。
1日中燃やしている工房の薪ストーブの上に大きな鍋をかけて、煮立たせると、とてもきれいな深いピンク色がでた。シルクはオレンジになるのだけど、コットンだけはピンクに染まる。ダストまみれになって、ペーパーがけを手伝いながら、ストーブの糸を時々くって、染める。粉々になったダストからこんなに美しい色がでるなんて、命の不思議を感じさせられる。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。