アーツ&クラフツビレッジ 工房日記

岡山のアーツ&クラフツビレッジから カントリーサイドのくらしをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケットストーブ

寒かったティルームにベンチ型ロケットストーブが入りました。アースバッグビルダー、トモキ君が
約1ヶ月泊まり込みで製作してくれました。
全長 おりかえしで13mのエントツがベンチをあっためます。
炊くこと3時間必要ですが、あったっまったベンチの心地よさは極楽です。
ぜひ薪をくべにきてください。
rocket_stove_web.jpg

もうひとつ、京都の鉄のアーティスト、上野毅さん手作りのキッチンロケットストーブも入りました。
この冬はぬくぬくです!
cyclonestoveweb.jpg
スポンサーサイト

ロンドンでの展示会

Japanese-Conections-exhibition.gif

10月10日から13日まで、ロンドン北部のアレキサンドラパレスで
ヨーロッパ最大の手芸の展示会、ニッティング&ステッチショーが開催されました。

毛糸や布、その他様々な手芸のお店がブースを出していますが、
中央部にはいくつかの展示会が開催されています。
その中のひとつ『Japanese Connections』という展示会に、アーツ&クラフツビレッジからも
原田豊美の作品が招待出品されました。

この展示会は アーツ&クラフツビレッジにも何度か滞在したことのあるイギリス、コーンウォールの
藍染め作家、ヴィヴィアン・プリドーが企画をまかされたものです。
イギリス、コーンウォール、デボンから6名、日本は名古屋、大阪、岡山から6名、計12名の
染織作家の作品が集まりました。

べんがら染めの小渕さんの作品が、タイトルを飾り、行き交うたくさんの人の足をとめました。
ヴィヴィアンは今回は藍染めではなく、カラフルな絞り染めの作品を出品。
1800£もつけた作品が3点とも初日に売れました。
日本からは奈義の築山さんの藍染めタピストリーや勝山から参加の加納容子さんののれんなども売れ、
わたしの藍染めホームスパンのショールもカナダからのお客様が買ってくださいました。

広くて迷子になるほどの会場には、すてきなお店が並び、様々な出会いもありました。
また、ワークショップのコーナーも充実していて、毎日たくさんのワークショップがあります。
私もべんがら染めのワークショップを2回させていただきました。

ショーは、ダブリン(アイルランド)、ハローゲート(ヨークシャー)へと巡回します。

ロックスパイラルガーデン 花盛り

rockgardenjune.jpg
5月にパーマカルチャー入門講座でつくった、ロックスパイラルガーデン。
1ヶ月間管理人がイギリス滞在中、ほぼほったらかしでしたが、
元気に花々が咲き始めました。

パーマカルチャー入門講座

spiralgarden.jpg
ルーラルスクール第3弾はパーマカルチャー入門講座。
パーマカルチャー関西から橋本憲一郎さんをお呼びして、初日は北米と日本の実例を中心にしたスライドショー。
二日目はロックスパイラルガーデンづくりの実習。
それぞれ10名以上の参加者で、楽しく学べました。

ロックスパイラルガーデンに使用した石は、校舎裏の防壁工事の際に掘り出された昔の畑の石垣の石たち。
スパイラルの下には古タイヤを利用した小さな池もつくりました。

元田んぼだった校庭は、梅雨時には水がたまってしまいます。
その排水をかねて、スパイラルにそって、排水溝をつくり、オーバーフローする池の水と一緒に側溝までスウェイルを作って流す予定。

講師の橋本さんは庭師でもあり、石積みのやり方も本格的で、とても高度な技術を学ぶことができました。

土を掘っていたら、私が投げていたサザエの殻がでてきて、『自然のパターンから学ぶ』という前日の講義どおりの学びができました。さらにカタツムリの殻もでてきて、念押しされた感じ。

これから ロックガーデンはさらに広がっていく予定です。
橋本さん、参加者のみなさん ありがとうございました!

アースディでべんがら染め

ベンガラ染めヨガパンツ

4/29 まきばの館で行われたアースディで 
製作中のヨガパンツをべんがら染めしました。 
当日はお天気に恵まれ、たくさんの人が来られました。
気持ちのよい風、楽しげな音楽、
そしてたくさんのユニークなブースの数々。

染織工房のToyomiは実行委員会本部の仕事や
糸紡ぎワークショップで手一杯だったので
大阪からべんがら染め『古色の美』の小渕さんに
無理をいって、来ていただきました。

敷地内を流れる人工の川の水を汲んでのべんがら染め。
スカーフや持ち込んだ服を染める人も
ちょうどブースのそばにはいいころあいの木があって
こんな光景になりました。

岡山はべんがらのふるさと。
土から作られた染料で、日焼けにも強く、UVカット効果もあり、
なにより、染めてしまえば、あとは透明の水が残るだけという究極のエコ染料。
醸し出す色合いが本当にやわらかです。
アースカラーとは べんがらのこと。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。